日割り計算

日割り計算の自動計算Webサイトやアプリなども多く出ておりますが、小数点以下が計算から省かれていたりして、正しい計算結果が出ないものもよくあります。

一応、きちんと自動計算をしてくれるWebサイトやアプリ、シートがあるのであれば良いとは思いますが、恐らく現時点では最終的には、ヒトによるチェックが入っている場合も多いかと思います。または、ベースの計算式がわからなかったり、忘れてしまったりして、自動計算を使用している方も多いとは思いますので、日割りの基礎の計算の計算式です。

小数点以下がどれくらいの単位の計算機を使用するのかをご確認くださいませ。
頭の中や書いて計算したい方など、お好きな方法でと。

これは給与などの日割り計算などにも使用できます。

賃料÷その月の日数×実際に賃料発生日=日割り計算の結果

例えば、100,000円の賃料を月31日の月に5日、つまり27日分を賃貸借する場合、〇月5日(月31日の月の賃料が発生の場合

100,000÷31日×27日分=87,096.7741934…円

当然、掛け算と割り算を別の方法で計算することもあるとは思います。これを小数点以下をどのように処理するのかということもあるかとは思います。

「知っていて当たり前だ」という方も多いとは思いますが・・・。

意外と便利すぎるが故に、ヒトが基礎の基礎を理解していなかったり、忘れている人も多いようですので、基本的な計算方法です。

最近はいろいろなオープンソースやライブラリがあるので、ご興味のある方はいかがかなあと。