一括借り上げ空室保証システムの裏側

一括借り上げ空室保証システムの裏側

一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)や独自の名称で呼ぶ場合も増えております。
これは、一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)についてわかる範囲で書こうと思います。
それぞれ資産内容などにもよりますが、以前より一括借り上げ空室保証システム(サブリース契約)についての問題が上がっていたにもかかわらず、再び某メーカーさんの影響により、今後被害が増えないようにと。
そもそも建築した時点で、莫大な利益が上がっている場合が多かったりします。

そもそも・・・

そもそもの話しですが、一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)で、例えば、30年一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)や、20年一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)、10年一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)をする側が、そもそも大小企業に限らず、その企業が明日も存在するかどうかわからない経済情勢だということです。これはそもそもの根底です。

一括借り上げシステム空室保証システム、サブリース契約の前に・・・

・一括借り上げシステム空室保証システム、サブリース契約は、一括借り上げシステム空室保証システム、サブリース契約する側のメリットしかない場合が多かったりします。
・当初の提案書は必ず変更すると思って置いておいた方が良い。(何年おきに賃料改定をする旨の文言が多くの場合、契約書に記載されているようです。)
・空室猶予期間というものがほとんどある。
・金利は、当初の低い金利プランで、当て込んでいて、借入の場合、金利のリスクの部分がきちんと説明されていない場合が多い。
・イメージで、原材料などの具体的な説明がされない場合が多い。
などなど・・・

一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)する側のメリットしかない場合が多い

まず、建設事業と不動産事業両方行っている企業の場合と、不動産会社(宅地建物取引業者)がハウスメーカーさんに建築してもらって、建築はハウスメーカーさんに建築してもらい、不動産会社が一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)をする場合と、ざっくりとですが2通りに分けられます。

共通して言えることは、建築を請け負えたことで莫大な利益は出ている

空室猶予期間とは・・・

空室猶予期間とは、一括借り上げ空室保証している側がリスク回避する手法の一つと言っても良いのかもしれません。

つまり、ご提案内容やご契約内容により異なるため一概には言えませんが、一括借り上げで、空室保証をしているので、普通に考えましたら、ご入居者様の退去日の次の日から一括借り上げ空室保証をしている側が、物件のオーナーさんに空室でも一括借り上げ空室保証をしているので、物件所有者さんであるオーナーさんにお金をお支払いするということが自然だと思います。

しかし、一括借り上げ空室保証する側は、当然リスクを避けたいので、空室猶予期間というものを設ける場合が多いです。空室猶予期間の間は、空室保証を免除してくださいというようなものです。

この空室猶予期間が長ければ長いほど、一括借り上げ空室保証している側としましては、リスクを回避でき、おいしい仕組みでもあります。仮に空室猶予期間2ヶ月だとします。その空室猶予期間2ヶ月の間にご入居者様がご成約していただき、契約が開始された場合の家賃などはの利益は、空室猶予期間内の成約の利益は、一括借り上げ空室保証をする側が利益を取得できるというわけです。

建設業と不動産業両方行っている場合の一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)

建設は当然ですが、自分のところで行いたい。プラスで一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)をさせてもらいたい、最悪、管理委託をさせてもらいたいということが本音です。

建築事業も行っている不動産会社は、一概には言えませんが、建設の請負契約をした時点で莫大な利益を上げている場合が多い。

それにプラスで利益を取得できるのであれば、取得したいという欲求が働く。企業のためにというよりは、原価は安いみたいで、利益を乗せようと思えば、いくらでも乗せることができるようです。そして莫大な案件を成功させたセールスマンは、一攫千金を得て、その企業を退社するようです。

建築事業も行っている不動産会社の不動産営業マンは、一定期間のエリアを集中的に毎日何度も訪問します。朝早くに一ヵ所の場所に落下傘のように一斉に社員が車から降ろされ、周辺エリアを午前中ひたすら訪問、昼間ひたすら訪問、夜間は少しでも手応えのあった方の訪問と毎日訪問するという手法のようです。

そして、ある一定期間集中でセールスをし、一定の案件を請け負うと、そのエリアから一斉退散し、また、ふと忘れた頃にやって来るという非常に人間の心理を上手く利用した営業手法です。この手法に引っかかってしまう方の多くは、ご年配の方など、情報の少ない方がこの手法で、ご契約されてしまうように感じます。

所有権者様より聞いた話しですが、先述のとおり、建築を請け負えた時点で莫大な利益が上がっている場合が多かったりします。そこにプラスで一括借り上げ空室借り上げ管理料として利益を取得したいという心理が働き、聞いたことがあるのは、管理料約20%という話しも聞いたことがあります。これが事実でしたら、エリアなどにより異なるとは思いますが、大体の一括借り上げの相場は、8%~10%それと比較すると驚愕な数字でした。

ちなみに管理委託契約による管理料の相場は、大体5%前後で、管理料なし、つまり管理料0円という企業も増加している。

不動産会社(宅地建物取引業者)がハウスメーカーさんに建築してもらって、建築はハウスメーカーさんに建築してもらい、不動産会社が一括借り上げシステム空室保証システム(または、サブリース契約)をする場合

建設事業を行っていない不動産会社さんがハウスメーカーさんを紹介して、紹介した不動産会社が紹介したハウスメーカーさんで建築を請け負えましたら、ハウスメーカーさんから紹介してくれた不動産会社に大体相場で3%の紹介料が入ります

つまり、不動産会社からの紹介で建築を請け負うことのできたハウスメーカーさんは、

極端に計算をすれば、1億円のアパートやマンションを建築すると、1億円の3%なので、300万円の紹介料を不動産会社に、10億円でしたら、3,000万円の紹介料が、紹介しただけで入る仕組みになっています。これは不動産会社とは限りません。大手ハウスメーカーさんの場合は、大体紹介料相場は、本体価格の3%が相場です。最近では、紹介料6%というハウスメーカーさんも増えております。

一括借り上げ空室保証契約、サブリース契約をしている側は、美味しくなくなれば、一括借り上げ空室保証契約、サブリース契約を切るだけ

先述のとおり、一括借り上げ空室保証契約、サブリース契約をしている場合で、一括借り上げ空室保証契約(サブリース契約)している側は、ほとんどリスクは少ない場合が多い。

むしろ、非常に低いローリスクで、ハイリターンしかない場合が多い。

つまり、お金をたくさん産んでくれる製品でしかない場合が多い。おいしいビジネスでなくなれば、一括借り上げ契約空室保証契約、サブリース契約を切れば良いだけで、恐らく管理委託契約への切り替えの提案をされる場合が多いのではないでしょうか。それでも管理料が欲しいということです。

情報が多い世の中で、隠しても意味がないと思いますし、情報を公開

もちろんわたしたちも相続対策などで、アパートやマンションの建築相談を受けたり、実際に相続対策などでアパートやマンションを何件か建築させていただくこともあります。しかし、ご提案の段階で、知っている情報やわたしたちが取得する金額を所有者様であるオーナーさんに言ってしまいます。逆に「紹介料きちんともらった」と言われるくらいです。これが良いことか悪いことかわかりませんが。縛りのある業界も多いですよね。業界はボーダレスなことを多くの方はわかっているとは思いますが、不動産業界に限らず、知らない間に任意のオプション契約を付けられているとか・・・。

たぶん裏の話をすると、このご時世でさえ、事務所に乗り込んできたり、根も葉もない書き込みを書かれることもあるとは思いますが、それは上記のとおり、何かしらのおいしい思いをしている人なのか、こういう仕組みを知られたくない等の人としか考えられない・・・。

まとめ

日本は自然災害が特に多い国ですが、地球全体の気候変動も非常に奇妙です。自然災害の多く国土もそれほど広くない日本なので、日本市場に合うのか、または、既得権益を阻止している人がいるとしましても、世界で3Dプリンタ技術で1日でそして約100万円台で建物の建築はできてしまう時代ですし、ロケットや自動車、飛行機なども3Dプリンタで実際の実社会で作られている時代です。

それなのに・・・大丈夫かなあと思い・・・。ちまみに匿名性に関しましての議論もありますが、一意見としましては、匿名性は一部容認派であり反対派でもありますが、海外の論文で結局は、匿名でもバレてしまうようです。

こちらはNASAのコンテストにも。1日の人工(にんく)で約日本円50万円弱

Team Zopherus – Phase 3: Level 1 of NASA’s 3D-Printed Habitat Challenge

Team Zopherus from Rogers, Arkansas, is the first-place winner of Phase 3: Level 1 of NASA’s 3D-Printed Habitat Challenge. The team’s design includes using a moving printer that deploys rovers to retrieve local materials. 

NASA’s 3D-Printed Habitat Challenge aims to further the progression of sustainable shelters that will someday occupy the Moon, Mars or beyond by pushing citizen inventors to develop new technologies capable of additively manufacturing a habitat using indigenous resources with, or without, recyclable materials. The 3D-Printed Habitat Challenge is managed through a partnership with NASA’s Centennial Challenges Program and Bradley University. Bradley has partnered with sponsors Caterpillar, Bechtel and Brick & Mortar Ventures to administer the competition. NASA’s Centennial Challenges program is part of the agency’s Space Technology Mission Directorate, and is managed at NASA’s Marshall Space Flight Center in Huntsville, Alabama.

ロカールモーターズ(Local Motors)Olli。完全自走運転で3Dプリンタで作られています。